子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

職業と年収について家族の雑談

息子が寝るのにいつも僕が一緒にベットに入り本を読む。そのうちに息子は寝てしまうのでなかなか本の話が進まない。一冊読むのに1週間くらいかかる。僕も早く寝てくれて助かるし、本のコストパフォーマンスは中々のものだ。

僕が疲れている時は横着して、YouTubeの昔話の朗読で済ますことも…。

 

で、息子が寝た頃に妻と義姉と仕事や収入の話になった。義姉の職場では非正規雇用の人が多いらしい。給料も働く環境も正規と変わらないし、定年まで働くことが出来るが非正規雇用の人が住宅ローンに通らないとか、退職金がほとんど出ないという話を聞いた。

 

何だかとても矛盾を感じた。非正規雇用をしなければ会社(特殊法人だけど)はやっていけないのだろうか?

 

僕や義姉はあいにく正社員。一安心だか、僕は世間でいう大手の企業に勤めているが、決して収入は多くない。役職手当をもらい続ける条件で、今は子会社へ期間限定の出向をしている。ほぼ定時退社で残業代がほとんどなくなって年収としてはかなり減ってしまった。これに役職が外れて役職手当がなくなったら大卒5年目位とあんまり変わらないんじゃないだろうか?とても家族を養うレベルではなくなってしまう。

 

残業代なし、役職手当なしだと年収で150万円位は減収だ。完全に転職だろうと思う。サラリーマンはいくら頑張っても、そんなに月給に跳ね返らない。会社の業績次第と、大企業だから景気や社会情勢に大きく左右される。

 

身分が保証されている、福利厚生がしっかりしていると言うメリットはあるが、頑張るというモチベーションにはなかなかならない。毎日のルーティンをこなしてミスがないようにして定時まで働くのが今の僕だ。考えて動いて良い結果を出しても、僕は総合職ではなくいわゆる転勤がない地域限定で雇われた現業職。既に役職に就いているのでこれ以上の上の役職がない。あとは定年まで定期昇給で少しずつ年収が上がっていくだけだ。

 

家族はそれでも定年までは続ける方を望んでいる。当たり前か。僕は少し違って、頑張った分だけ収入を上げたい。でも、今まで散々営業職をやってきて体と神経が悲鳴を上げてしまったことが2回あった。

 

転職に向いている人 転職してはいけない人

転職に向いている人 転職してはいけない人

 

 

どの仕事も神経は使うけれども、不動産や医療機器の営業で図太く生き残れるほどの神経も持っていない。でも頑張って年収を上げたい。

 

最近、やたらと転職サイトからメールが届く。昔に登録したのがまだ残ったままにしていたのだが、ちょこちょこと見るようになった。

 

「タクシーの運転手」。これか!?

 

社会的にはあまり良く思われてない仕事だが、僕の性格には合っている気がした。時間の管理や走る道は自分次第。調べてみても、稼ぎは300万円から800万円稼ぐ人まで幅が広い(東京ね)。自分がやった分だけ収入になる。

 

もし独身だったらやってたかもなぁと思う。最近、タクシーの運転手の求人や口コミが気になり出した僕なのでした。

 

今の仕事から移ったらみんなから「何で?」て言われるだろうなぁ。妻は今度転職したら離婚だって言ってるし。

 

そりゃそうかもね。僕は転職7回経験者だからね。

 

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド

「35才限界説」なんて関係ない!30代40代のための転職完璧ガイド