子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

iphone6sとHUAWEI p8 liteを買取してもらったら意外に高く売れたお話

f:id:kosu51:20160903164529j:plain

今日は解約したiphone6sとHUAWEI p8 liteとauガラケーを売ることにした。

f:id:kosu51:20160903164601j:plain

まず、ネットで色々と調べてみた。僕のスマホはこんな条件。

 

・iphone6s  スペースグレー 64G  状態はケースに入れていた為に美品。auの残債があと1年残っている。NMPする前にSIMロックの解除を行った。

 

・HUAWEI p8lite  ブラック 16G 先月に格安SIM解約と同時に翌月に残債を一括請求される予定。

 

auガラケー K001   2年縛りが終わって解約している。全く使用していなかった。

 

ネットで申し込んで送って査定してもらってというのは、かなり高く買ってくれる業者はたくさんいた。でもその場合は、送ってしまっては、買取金額が気に入らなかった場合はどうなるの?何社も査定に出せないのでは?と思って、土日しか動けない僕は早く現金化したかったので、近所にあるゲオかブックオフを選んだ。横浜に行けばもっとたくさん業者がいて高く買い取ってくれたかな?でも、面倒。

時間に余裕がある人はネットから配送で買取をしてくれる業者の方が高めの査定のようだからそっちの方が良いだろう。

 

まず、ブックオフに電話をかけた。iphone6sの条件を伝えて、残債があることも伝えた。少し待たされた後、電話口の人が丁寧に答えてくれた。iphone6sは大体40,000円〜45,000円くらい。でも、残債ありでネットワーク制限が△の場合は、査定額が50%になってしまうらしい。お話にならない。

 

ネットで調べると、ネットワーク制限がある場合でも査定額は変わらない業者はたくさんいる。この時点でブックオフはアウト。でも、HUAWEI p8liteの方は違った。基本SIMフリー機なのでネットワーク制限がないらしいので、買取価格は結構な値段を言ってくれた。これはOK。

 

次にゲオへ電話をかけた。新米のお姉ちゃんが出て、初めから話が分からないとのことなので、直接持ってきてほしいとのこと。新米のお姉ちゃん、分かる人に電話を替わればいいじゃん!渋々ゲオへ行って、査定をしてもらった。そうしたら、iphone6sの方は高値がつけられた。ネットワーク制限があっても査定に変わりはないという。ガラケーと一緒に即売却!!

 

続いて今度はブックオフへ向かった。HUAWEI p8liteは基本的にSIMフリーなので買取には影響なし。以外とすんなりと最高額に近いところで値段がついたので即決した。

 

買取の結果は以下のとおり。

 

・iphone6s   64G  37,000円+買取強化機種10,000円=47,000円

・HUAWEI p8lite  16G    10,000円–若干の使用感で500円=9,500円

au K001 1,200円

 

合計で57,700円になった。

 

これで、auの2年縛りの違約金とMNPの手数料とiphone6sの残債のほとんどがまかなえる計算になる。よかった〜。これで安心して楽天バイルで格安生活を続けられる。

 

みんなもMNPをするときは、解約する費用と買取価格を計算してタイミングをよく見てから行動しましょうね。