子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

眩しさを感じると気持ち悪くなる僕の後遺症

もう夏になってきて、晴れた日は朝から眩しい。僕は晴れた日は雨の日以上に嫌だ。朝日は低い位置から目線に光を当ててくる。こんな日は家を出てすぐにメガネをサングラスに変える。それでも結構キツイ。

僕の脳梗塞は治っている。しかし、後遺症は残ったままだ。眩しい光を見て気分が悪くならないように薬も飲んでいるが、朝日は強烈で目の前がチカチカと黄色くなりめまいが起こる。先生が言うにはてんかん発作のような症状ということで、てんかんの薬と、めまいが出た時に飲むめまい止めが出されている。先週、めまい止めを今年初めて飲んだ。

今までは、仕事の忙しさもあり、脳がかなり疲れていて、症状が出る事が多かったが、異動して今の職場では一回も具合は悪くならなかった。

しかし、もう夏なんだ。強烈に目線に入ってくる光はいつもより強い感じがする。何とか会社に着いて、朝礼もしたが、歩いていてもふらふらするので会社の診療所て、寝かせてもらった。

しばらく寝て具合が治る時と、そのままの時がある。これは良くわからない。具合が良くならない時は諦めて帰らせてもらう。会社から駅までもバスなので、もうこんな時はタクシーを呼んでしまう。ターミナル駅のバス停まで送迎料込みで1500円。痛い。具合が最悪の時はそのまま自宅までだと8000円くらいかかる。とても自腹では出来ないので、そんな時はターミナル駅まで妻に迎えに来てもらうこともあったりする。

家に帰ってその日はほとんどテレビやスマホは見ないで横になって目をつぶっている。これはこれで暇なんだけど、めまい止めがかなり眠くなるので、つい寝てしまう。すると、夜寝れなくなったりして次の日にも時差ボケみたいにボーッとなったまま会社に行くということもしばしばある。

みんなに迷惑をかけてしまう。
でも、自分でもどうにもならないので甘えさせてもらうしかない。会社や家族には感謝している。

夏は毎年、気持ち悪くならないようになるべく屋外は避けている。大好きだったゴルフは、コースに出ることをやめてしまった。途中で気持ち悪くなったら大変だから。会社の人も分かってくれていて、僕のいる前では会社のコンペの話をしなくなった。誘われなくなったのは残念だけど、ゴルフに行って具合悪くなった上に他の人に迷惑をかけたら申し訳ないからね。確実に曇りっていう日なら大丈夫なんだけどなぁ〜。天気ばっかりは分からないんで仕方ないなぁ。

ということで、僕は自宅でビニールプールや市民プール程度がちょうど良い。海やプールではコンタクトにして、黒い色で日光を遮ってくれるゴーグルをするが、これが結構役に立つ。これをしていれば普通にしていられるからとても安心。ゴーグルを外した後は、大きめのサングラスをするんだけど、ほとんど見た目がカンナムスタイルのPSY(サイ)か、どっかの国の総書記みたいになってる。

僕みたいなケースから眩しさがダメな人以外にも、眩しさがダメだという人は多いのではないかな?

僕はメガネを普段はしているので、サングラスももちろん度付きの物を2つ持っている。
それ以外にサングラスが大好きなので、コンタクトにした時にだけ、掛けて楽しむことをするために普通のサングラスを安いのから高いのまで10個近く持っている。妻は無駄と言う。その通り。だって怪しい中国人みたいになるって言われたから…。でも、少ない趣味の一つなんだから許してね。

今日は朝から曇っていて僕にはベストな状態だ。今日もバリバリ働くぞぉ〜!