子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

TOTO BIGで10億円を当てたことを想像してみた

今週はTOTO BIGがキャリーオーバーで1等10億円の回です。今年で最後の10億円とか。

宝くじって夢を買うんですよね。10億円と聞いて、買わないわけにはいかなでしょ!最近はパチンコなんかもお客があんまりいなくて出る気がしないし、競馬は予想が面倒だし、他のギャンブルはやる気がしないです。だって、大金つぎ込めるほどお小遣いもらってないしね。

 

ここからは妄想です。趣味探しの一つにできるかな?

 

TOTO BIGの結果が出た次の週。月曜日。いつものように朝5時45分、もぞもぞと布団から起き出し半分寝ぼけたまま6時15分に行ってきま〜す。

 

バスに揺られること40分。ターミナル駅について喫茶店へ。コーヒーを飲んで、ブログを書き書き。そろそろ会社行きのバスに乗る時間だ。8時にまた会社行きのバスに乗って揺られること15分。会社に着いて作業着に着替える。この時、ポケットからスマホと取り出し、おもむろにメールを開いてみた。ん〜、またたくさんダイレクトメールが入っている。削除メールを選択していくと、見慣れないメールが。YAHOOメールからTOTO BIG当選の通知メール。「おお。何か当たったな。」と思いながらも、作業着に着替えて事務所に行くのが優先。この時は当選の画面は確認せずに午前中の仕事をした。

 

お昼休みになって、いつものように家からのお弁当を持って休憩室で仲間とおしゃべりしながらムシャムシャと食べる。

そろそろ、昼休みも終わる頃に当選確認を見ていないことを思い出して、画面にアクセス。

 

んっ?????

んっ????!

うぬ???!!

はぅ??!!!

ドクン!!!!

バクン!!!!

 

画面には「1等当選おめでとうございます」と出ている!!!

この画面公式サイトだよね???

偽サイトじゃないよね???

手の動きが尋常じゃないほどピクピクしながら、もう一度画面を確かめる。。

確かに公式ページだ。ということは木曜日には10億円が僕の口座に振り込まれる??

身体中に鳥肌がぶわぁっと立つし、血の気が引いてくるのが分かるし、落ち着いていられない。こういう時はもっと気分が晴れ晴れするのかと思ったけど、あまりの出来事で自分の体は適応しきれず、気を失いそうに・・・

 

嘘か?本当か?ドッキリか?

一気に周りの人が仕掛け人に見える。

午後の仕事が全く手につかない。なんだかぼーっとするし、だけどソワソワしてるし。

なんとか1日の仕事が終わり、帰宅。

 

帰宅途中のバスの中で考えるのは、「妻に話すべきか。また、家族に話すべきか。話してしまったらどう分配するべきか。人生設計はどうするか」

気持ちを落ち着けて1から考えてみるも、初めの時点から全く判断ができず40分が経ってしまい、家の前で少し立ち止まり考える。

 

「今日は話すのはやめよう。もう少し考えよう。10億円も当たったなんて知ったら、勝手に家族会議が始まって、僕に発言する機会がほとんどなくなってしまう。」

 

とりあえず必死で出した今日の結論は「言わない」だった。

 

でも、女の勘は鋭い。僕に何かあったことは帰宅後15分で見抜かれた。妻に聞かれた僕はすかさず出した嘘が、「具合が悪い」だった。

具合が悪いということにしているから、早くお風呂に入り、早く寝ることにした。

 

おかげで一人で考える時間が多くできた。

一人で色々と考えてみた。

 

・一生黙っていられるか?

どこかで必ずボロが出るだろうし、逆に大きな買い物が一生できない。長年黙っていられたとしても、バレた時に長年黙っていたことで夫婦仲が壊れてしまう。 

 

・妻だけに言うか?

以前に妻に聞いたことがある。「10億円当たったらどうする?」妻は「半分は寄付する。今だって家族がいて少ないながらもお金に困っているわけでもないし、今は十分に幸せなんだから大金が当たったら寄付くらいしないとバチが当たる。」我が妻ながら、素晴らしいお言葉。人間が出来ている。その言葉を聞いた時に僕は「すごいね」と妻を褒めたけど、自分には絶対にできないことだと思った。だから、こんな自分に神様は大金を当てるわけないとも思っていた。とは言いつつ少し期待をしてちょいちょいTOTO BIGを買っていた。

 

・家族全員に言うか?

一番したくないのがこれ。みんな幸せになるだろうと思うけど、これが一番不幸を呼ぶのではないかと思っている。妻のように出来てる人間ばかりとは限らない。家族とはいえ、やはり金がかかると人間はお金に感情移入する。みんな仲良く暮らせているこの現状が幸せなわけであって、大金というもはや問題を持ち込んだら大抵の家族は耐えられずに崩壊するのではないか。お金のことで何時間も話し合いたくもないし、無駄。

 

結局、答えが出ないまま一晩過ごしてしまった。というより、怖くて答えが出せずにいた。何に怖がっている?家族?周囲の人?お金そのもの?

 

火曜日、いつもの時間に起きたがバチッと目が覚めた。気分は晴れ晴れしている。何でだ?昨日、あれだけ悩んだのに清々しい気分でもある。まだ口座にお金が入っているわけではない。会社に向かう足取りも軽い。仕事もスイスイとこなして行く。当然だが、1等当選のことは誰にもいう気はしない。

 

そのうち書く気になったらその時まで続く・・・

 

totoBIG必勝バイブル

totoBIG必勝バイブル