子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

ダイエット中に心ない義母の一言からのグチ

f:id:kosu51:20160620000437j:plain

はじめに、嫌いだから悪口で書いているのではないので悪しからず。

妻の母は結構癖があります。誰から見ても癖があります。毎日いる家族には面倒で仕方ありません。

 

3週間前、ダイエットをしろとグダグダと説教をしたのは義母。その後、僕があまり食べなくなると、全然食べなくなったとか、まるで自分が言ったことを忘れているかのように言ってきます。

 

特にカチンとくるのが、僕に対して「あんまり食べなくなって、おもしろくない。」とか「お菓子を買っても食べてくれないからつまらない。」と。

 

喧嘩売ってんのかゴルラァ!!!!と内心煮え繰り返ります。

 

お言葉じゃないですけど、ダイエット中でもお母さんの2倍は食べてますから!!!

義母はご飯も片手に乗るくらいの量しか食べなく、外食では1割だけ食べて、ほとんど残します。そのくせ、少ししか食べられないからたくさんの種類を食べたいとか、残しちゃうのよと、自分が食べれないことをアピールというかとにかく自分の話しかしません。

 

他の人から見ても、家族から見ても、食事に関しては義母の方がよっぽどつまんないです。自分が食べれないことを棚に上げといて、他の人をどうのこうの言う神経が普通じゃないです。外に出れば猫を被ったように大人しくしているくせに、家の中では女王さま。それでも自分は謙虚にやっていると平気で言ってのける神経は素晴らしい。全く気がついてないんです。妻も義姉さんもほとほと疲れ果てちゃって、妻は娘だから唯一義母と喧嘩ができる立場だけど、そんな妻も傍若無人の義母に振り回され、胃痛になることが度々あります。

 

僕と妻と義姉さんはお互いに義母の文句を話し合って発散できるからいいけど、もし僕たち夫婦が別居していたら、義姉さんはストレスで倒れているか、実家に帰ってしまうんではないかと思うくらいです。

 

あなたのお母さんはどうですか?うちは・・・

  • 責められることを極端に嫌がる。
  • 自分の気にいらないことには我慢ができなくなる。
  • 気にいらないと孫にも無視をする。
  • 僕が週末はいつも暇だと思って、週末に用事を入れ込んでいる。
  • 結婚してから掃除をしていないことを自慢する(義父さんがいつもしてくれている)
  • 食事中は自分の興味のある話しかしない。他の人の話が続くとうるさいと言う。
  • 話し方が高圧的。人に意見をすぐに求める。「それってどう思う?」知らねーよ!!
  • 高圧的な話し方。これが一番イラッときます。男から見れば、この感じは好きになれないです。
  • 年長者だけあって、たまに的を得たことを言うので逆らえない。
  • 家の外に対してのことには、丁寧、臆病。
  • 何でも良いよという割には、自分の希望をねじ込んでくる。それを察しないと後で機嫌が悪くなりめんどくさいことになる。
  • 人に話を聞いても、最終的には「私なんかね」と言ってとにかく自分の話しかしない。
  • 早寝早起きすぎて朝からガタガタと物音を立ててうるさい。本人は気を使ってるというが耳の聞こえが悪いので、テレビの音量がでかすぎる。
  • 美しいものにしか興味がないという割には、口が悪い。
  • 人に毒を吐くのがお上手。
  • 一人でも平気という割に、誰かが帰ってくると捕まえて30分以上自分の出来事を話す。大抵はどうでもいいようなこと。
  • 自分が面倒だと気がついていないし、誰も言えない。言おうものならば、修羅場になるので誰も文句を言えない。
  • お墓参りには行きたがらず、故人は心の中にいると言ってお墓参りは僕らに任す。まあ、これは人それぞれですからね。
  • 話を聞きすぎて、義母の人生のほとんどの出来事を聞いてしまった。3〜4回聞いている話もいくつもある。
  • 家族に面倒をかけすぎな割に、「ありがとう」言葉があまり出てこない。やってもらって当たり前な感覚が出ている。
  • どこからでもすぐに家族を呼ぶ。僕らは召使じゃないっつーの。大抵はどうでもいい内容や、今やらなくてもいい話ばかり。
  • 何でも付き合わせる。一人で行こうとしない。一人で行くのは散歩と病院だけ。妻がかわいそうです。
  • 金銭感覚がバブリー。別にジャブジャブは使わないけど、気に入ったものはいくら高くてもポーンと買ってしまう。水の使い方も無駄が多すぎる。うちの水道代は2ヶ月で5万円。高すぎ!!!
  • 健康を気にする割にはタバコ吸いすぎ!!!
  • 「口だけ出して手は出さない」のお手本となる人。

 

数え上げればきりがないです。良いところもあるんですけど、嫌いとはまた違った、面倒な人っていますよね。今更あの年で何を言ってもダメだと思うし、ケンカもするつもりもないし、妻の母だし、嫌な人ではないので受け入れて生活をしています。きっと義母にも僕のダメなところや嫌なところ箇条書きに出してもらったら、いっぱい出てくるんだと思います。

 

ちょっと、書き出してすっきりした〜。誰かに読まれて、本人の耳に入るようなほどのアクセス数ないから書いてるけど、もし見たら黙っててくださいね。うっぷんを吐き出すために書くのも悪くないなぁ。

 

妻もその血を引いているので、そうはなってほしくないと願っています。でも本当に僕の言うことも聞いてくれなくなったら離婚です。妻も母との絆があるでしょうからそれを尊重して生活していきます。