子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

息子がバレエを続けるのはやっぱり無理か??

f:id:kosu51:20160618183317j:plain

最近、息子がバレエに行くのを嫌がるようになってきました。妻が送迎をしてるけど、毎回、行くまでにグダグダなので、妻は激怒しながら行っています。

 

レッスン中もやる気を見せないようで、先生にせっかく可愛がられているのに申し訳なくていられないようです。妻とお母さんが話していて、そろそろ辞めどきなのかもねと話しています。

 

息子の興味はもう、ドラゴンボールやDS、サッカーやバスケットです。1年生になっていろんなことをするようになってバレエに対して興味がなくなってきたようです。

 

どうしよう。せっかく7月に地方の舞台にお呼ばれしてソロを踊るのにこんなやる気のない状態では、先生の面子を潰してしまう。

さらに、10月にはお教室の発表会の舞台が待っています。

こんなんじゃ、10月までもモチベーションが持ちそうにないです。あと、先生にも見切られてしまう。

妻がバレリーナだっただけに妻が熱心に家で教えていますが、全くやる気を見せない息子にイライラしています。

 

反抗期ではないんですけどね。いつもはすごく素直です。バレエに対して情熱が冷めているだけです。

 

もうお終いでしょう。

 

息子のバレエの生活はあと1年もないと思います。

 

次に何かをやりたいと言ってきても、バレエを続けられなくて根性を見せなかった息子に簡単にはやらせません。世の中はそんなに甘くないことを理解してもらいたい。

現実的にも、うちはただのサラリーマン家庭です。

何でもかんでもやらせてあげられません。

 

世の中を舐めた子供になってほしくない親の気持ちとは、逆にきています。

 

ただ単に手がかかる赤ちゃんの頃よりも話ができるようになってきた今ぐらいからが大変でしょう。

だんだんと子育てが難しい時期に差し掛かってきました。

 

 

妻は頭を抱えています・・・

僕はあんまり理解できていません。。。

 

子どもの脳を伸ばす「しつけ」 ~怒る前に何をするか--「考える子」が育つ親の行動パターン~

子どもの脳を伸ばす「しつけ」 ~怒る前に何をするか--「考える子」が育つ親の行動パターン~

  • 作者: ダニエル・J・シーゲル,ティナ・ペイン・ブライソン,桐谷知未
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2016/04/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る