子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

病気後の性格の変化

3年前に脳梗塞で入院しました。 後遺症は左側の視野欠損が3分の1くらいあります。 あと、てんかんのような症状が出ることがあります。

特に朝日の強烈な光に弱くて、めまいや気持ち悪くなることがあります。 午後の光で気持ち悪くなることはほとんどないです。 朝起きて、30分以内に家を出て頭がほとんど起きていない状態で 強烈な朝日を感じると脳の神経が異常な信号を出すんでしょうか? (先生から言われたわけじゃないけどね)

てんかんを抑える薬、リボトリールを毎日飲んでいます。 台風が来る前の2日間は天気が良くて、朝の通勤は地獄でした。 バスの中で車内に入ってくる光をサングラスかけて

目をつぶってじっとしています。それでも、今度は別の問題で 目をつぶることで車酔いになるし。 バスに乗っている時間は40分、会社の近くの駅でさらにバスを 乗り換えて15分。どこかの田舎の通勤みたいですが、 一応横浜市内ですよ。

何でこんな病気のことをずらずら書いたかというと 病気をした後の3年間で出来なくなったことが多く、 ストレスが溜まります。 仕事も体調を見ながらお抑えながらやり、 部下を抱える立場でこんな働き方で良いのか悩んだり、 会社の人の飲み会に誘われても断ることしか出来なく 辛い日々を送っています。

会社の周りの人たちは理解をしてくれる人が多く 感謝をしているが、良く思っていない人もいるはずです。 具合が悪くなってしまっても、何とか会社に行かないと と思っても、途中でバスを降りて休まないとならなくなったり 会社の診療所で休ませてもらったが良くならないので 帰ったり(タクシーで帰るのでバカ高い金額になります) 周囲に迷惑をかけていると毎日感じます。

そんな今までと違った3年間を過ごしてきて 性格も少し変わった気がします。 何に対してもガツガツと飛びつかなくなり、 まず疲れそうなことは避けるようになりました。 残業も7時までと決めています。 家で子供と遊ぶとこが楽しみです。

妻と買い物に行くと疲れます。 買い物が長い時は喫茶店かベンチに座っているように なりました。 20歳頃はジャッキーチェン張りにバク転から なんでも出来たのに、今とのギャップに ジレンマを感じています。

でも、この体で死ぬまで付き合っていかないといけないので せめて子供が一人前になるまで 会社にお世話になりながら頑張って行こうと思います。

マイナスの状態にこそ何かチャンスはあると 目だけは光らせていますよ!

スポンサーリンク [ad#co1]