子育てパパの成長日記

8歳の一人息子の子育てをしながら、日々気付いたことを書いていく日記です。脳梗塞を経験して、今は仕事と自宅の往復の中で無趣味の僕が楽しいことを見つけようとしています。

息子がプロレスに興味を持ち始めた

f:id:kosu51:20160608125000j:plain

小学校に入って目一杯遊んでくるようになり、体力もついてきたのか、この頃は土日になると必ずボール遊びやプロレスごっこをするようになりました。

僕としてはバレエを習っているんだから、もっと違う遊びをして欲しいなぁと。例えば、図鑑を見たり、お絵描きしたりDVD見たりとか。

でも、僕も小学生や中学校の頃はプロレス大好きでした。当時はテレビでもやってました。

新日本プロレス全日本プロレスが全盛の頃です。新日本プロレスには猪木、長州、藤波。その後に武藤、橋本、蝶野の闘魂三銃士が流行りました。

全日本プロレスには馬場、鶴田、天龍、その後に三沢、川田、小橋、田上の四天王が盛り上がりました。

あの頃のプロレスは夢がありましたね。〇〇軍団対〇〇軍とか、因縁の対決とか盛り上がり方も良かったです。毎週テレビにかじりついて見ていました。

ゲームでもプロレスものはたくさん出てました。おかげで技はたくさん覚えましたよ。

息子にもYouTubeで時々見せちゃっています。中でも感動した東京ドームでの小橋対佐々木戦のチョップ合戦を見せたんですが、反応はイマイチ。

なぜ?子供にはまだプロレスの駆け引きがわからなかったようです。息子よ、早く駆け引きが分かるようになってくれ!そうすればプロレスの良さが分かるぞ!

見せてはいけなかったのが、息子の興味を引いてしまったデスマッチでした。凶器攻撃やリングの上に画鋲を散りばめてそこに投げて無数の画鋲が体に刺さるのを、痛そうだねと言いながら見ていました。絶対に学校ではやってはいけないよと言いながら、一つの画鋲を指にチクッとさせて痛みを教えました。 これだけ痛いのだから絶対にお友達にはやってはダメだよ。あの人達は強くなるために毎日頑張って練習しているんだからね。と教えることも大事です。

まだ息子にはドラゴンボールかめはめ波とかが合っているようです…